防水・塗装工事

沖縄の気候にも適した超速硬化ウレタン吹付け防水を施しています

リムスプレー(超速硬化ウレタン吹付け防水)

リムスプレーは、アメリカから導入した基本技術をベースに、日本の気候・風土・文化に合わせて開発・改良した材料・工法です。また、時代の要請に応えられる、環境に優しいハイクオリティーな「超速硬化ウレタン吹付けシステム」でもあります。

通常のウレタン防水は施工後固まるまでは長時間必要としますが、リムスプレーは施工後数分で歩行可能となり、工期を大幅に短縮することができます。
耐久性・耐摩耗性に優れ、引張強度は通常防水の8倍以上と言われています。

沖縄県内でも使用している施工業者の数も増えてはいますが、通常の防水に比べ高価です。
金城塗装では、このリムスプレーを他の施工業者の60~80%の料金でご案内いたします!

家のメンテナンスで、心地よいマイホームを維持できます!

家の新築から7~10年経ちますと、外壁塗装を考えなければなりません。何十年も変わらない外壁はひとつもないのです。壁のひび(クラック)や塗装のめくれ、サビやカビなどで腐食・劣化が進めば、家の寿命を短くしてしまいます。
約10年ごとの定期的なメンテナンスを行うことにより、耐用年数は約3倍伸びると言われています。

外壁塗装工事

建物の外壁の塗装を行います。外壁や廊下・階段内壁に塗料を塗り重ねる事により、建物本体(躯体)を保護すると同時に美観を復元。
最近は、耐候性・耐汚性を重視した機能性の高い材料が豊富ですので、お客さまのご予算・ご要望に応じて提案いたします。
塗装は基本的に、下塗り、中塗り、上塗り(仕上げ塗り)の3工程で行います。手すりなどの鉄部には、下塗りの前にケレン(さび止め)を行って、耐久性を向上させます。

外壁塗装

塗り替えの目安は?

壁劣化画像

壁劣化画像

壁劣化画像

このようなひび割れが出てきたら、塗り替えどきです。

防水工事

建物の中でもっとも風雨にさらされ、傷みやすい屋根や屋上。どんなに丈夫に作られていても、経年とともに少しずつ劣化していき、いつの間にか建物全体の劣化や雨漏りにつながってしまいます。
防水工事は、シーリング工事や下地補修工事と同様に、コンクリートの寿命を延ばすためには不可欠の工事です。最も一般的な工法は、「ウレタン塗膜防水密着工法」。材料を塗りつけることで、屋上やバルコニーの防水機能を蘇らせます。

防水工事

お宅の屋上は大丈夫ですか!?『屋上の水たまり』は危険信号です

水はけが悪く、屋上に水が溜まってしまうと、塗膜へのダメージが大きく、長持ちしません。さらに防水工事の塗膜が薄くなり、むき出しのコンクリートが水にさらされている状態は、建物にまでダメージを与えてしまいます。
定期的に屋上の水はけや配管の詰まりをチェックし、水たまりができないようにすることが建物長持ちのヒケツ。もしコンクリートがむき出しになっていたら、防水工事をオススメします。

防水

コンクリートひび割れ補修工事

建物本体のひび割れや鉄筋爆裂、欠損、浮きなどを補修する工事です。建物を保護する面からとても重要な工事です。
下地補修後に行う「塗装工事」「防水工事」の仕上りにも大きく影響します。
目立たない作業ですが、この下地補修の差が、仕上がりの美しさだけでなく、建物寿命の差になっていきます。

ひび割れ補修

こんなひびに注意!

ひび割れ画像

ひび割れ画像

ひび割れ画像

施工実績カテゴリー

  • カテゴリーなし

施工実績アーカイブ

最近の施工実績

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る